新鮮な卵の見分け方

たまごソムリエの平井です♫
☆゚+。*★゚+。*゚☆゚+。*゚★゚+。*゚☆゚+。*゚★゚+。*゚


ご自宅の冷蔵庫にある「卵」は
冷蔵庫の「エッグポケット」に入れていますか?
パックから取り出し、エッグポケットに卵を入れて保存・・・
これが一般的な卵を保存されているスタイルです。

卵が少なくなってきたら
買い足して冷蔵庫に入れる・・・

そうなると
どれが新しく買ってきた卵どれが前買った古い卵か
わからなくなる時ってありますよね。

「賞味期限を見たらいいんじゃないんですか?」

「YES!」

って、いやいや(゚o゚;;
それでは話が終わってしまいます(´Д` )

最近では卵の殻に賞味期限が
印字れている卵もありますが、
パックの中に賞味期限の印字ラベルがあり、
そのラベルを捨ててしまって
エッグポケットにしまってしまった状態の場合

どれが新しい卵かわからなくなりますよね?

そこで!

簡単に

新しい卵

古い卵

見分ける方法があるのです!


食塩水に入れて見ましょう!

1.1リットルの水に、60グラムの食塩を
    溶かして食塩水を作ります。

2.食塩水に卵を入れます。




新鮮な卵(産卵後1週間前後)は、


古い卵
(賞味期限が過ぎてから1週間程度)


新しい卵=沈む

古い卵=浮く


完全に腐った卵の場合



古い卵
(賞味期限が過ぎて1週間程度)
この卵なら
加熱調理すれば食べることができますが、

完全に水面に浮いた卵
これは完全に腐っています!

絶対に食べないでください!



なぜ古くなると
卵は浮くのか・・・・


それは